「とんかつ 新」鳥取・若桜町の登録有形文化財でいただく“極旨とんかつ”

「とんかつ 新」鳥取・若桜町の登録有形文化財の古民家でいただく“極旨とんかつ”
グルメ・カフェ

こんにちは。トットリプレス編集長のユミです。
今回は鳥取県八頭郡若桜町若桜の「とんかつ 新(ダイニングカフェ 新)」にカメラマンのまつじゅん君と行ってきました。
この記事では、「とんかつ 新」のお店の様子や注文したメニューの感想、店舗情報などをご紹介します。

「とんかつ 新」の場所

「とんかつ 新」は、鳥取県八頭郡若桜町若桜298にあります。

若桜鉄道若桜線の終点「若桜駅」から歩いて徒歩2分程度の場所にあります。
若桜駅の正面の通りをまっすぐ進み、突き当たりを左折しまっすぐ進むと左手にお店が見えてきます。

「とんかつ 新」外観

「とんかつ 新」外観

車でお越しの場合はお店の専用駐車場がないため、若桜駅の駐車場に停めることをおすすめします。

登録有形文化財の古民家で、趣のある和空間

「とんかつ 新」は若桜町の本通り沿いに位置する「休憩交流処 かりや」の中にあります。

「休憩交流処 かりや」としても利用されています

「休憩交流処 かりや」としても利用されています

この日は休日だったため、お店の外には順番待ちのお客さんがおられました。
予約をしていなかったので入り口に用意されている用紙に名前を書き、しばらく待つことにしました。
待っている間は若桜の街並みを散策。
近くに昔ながらの駄菓子屋さんがあり、娘と一緒に駄菓子を選んで楽しみました。

店内には順番待ちのお客さま

店内には順番待ちのお客さま

名前を呼ばれ店内に入ると、そこは古き良き時代を彷彿させる趣のある和の空間。
明治時代に建てられたの建物を復元した古民家で、登録有形文化財に指定されています。
満席だったため店内の写真が撮ることができませんでしたが、お座敷にテーブルが5〜6卓並んでいます。
この日は自然光が差し込む窓側の席に案内されました。

趣のある和の空間

趣のある和の空間

若桜町産 吉川豚を使用した“極旨とんかつ”

「とんかつ 新」のランチメニュー、この日は休日だったので休日のメニューを紹介します。

  • 吉川豚のロースかつ(120g)
  • 吉川豚の上ロースカツ(160g)※1番人気
  • 吉川豚の厚切りロースカツ(200g)
  • 吉川豚のヒレカツ
  • 吉川豚の豚重※2番人気
  • 吉川豚のミニ豚重(女性向け・少なめ)
土日祝ランチメニュー

土日祝ランチメニュー

お店で使用されている豚肉は、地元若桜町吉川地区で育った“吉川豚”です。
若桜町のキレイな水とキレイな空気の中で育った吉川豚を丁寧に精肉し、臭みのない豚本来の美味しさが味わえます。

吉川豚について

吉川豚について

今回は人気メニューの「吉川豚の上ロースかつ」と「吉川豚の豚重」を注文しました。

ユミ

165,629 views

「TOTTORI PRESS」編集長。「鳥取の魅力を全国へ発信したい」という想いで自分が出会ったお店やものごとを伝えていきます。なかなか言葉だけで伝えるのは...

プロフィール

まつじゅん

79,727 views

まつじゅんといいます。 日々の思い出や日常ふとした瞬間を写真に残すのが好きです。 誰かの笑顔の力になれたらなぁと思ってます。 地元鳥取が大好きで、写真撮った...

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA