「Cafe うさぎや」うさぎ好きさん、集まれ!鳥取・伯耆町のうさぎモチーフの“癒されカフェ”

「Cafe うさぎや」うさぎ好きさん、集まれ。鳥取・伯耆町のうさぎモチーフの“癒されカフェ”
グルメ・カフェ

こんにちは。トットリプレス編集長のユミです。
今回は鳥取県西伯郡伯耆町にあるうさぎモチーフの“癒されカフェ”、「Cafe うさぎや」にトットリプレスのメンバーと行ってきました。
この記事では、「Cafe うさぎや」のお店の様子や注文したメニューの感想、店舗情報などをご紹介します。

「Cafe うさぎや」の場所

「Cafe うさぎや」の場所は、鳥取県西伯郡伯耆町小林644-3です。

大山のペンション村の近くです。
道が少し分かりにくいのでグーグルマップを設定してから向かうことをオススメします。

まず山陰自動車道「大山IC」を降りて左折します。
そこからしばらく県道158線を直進します。
「大山あけまの森」や「ペンション村」の看板のある十字路を右折し、県道36号線を道なりに進みます。
右手に大山ガーデンプレイスという建物が見えてきたら、その突き当たりのT字路を左折します。
しばらく直進すると、米子道や大山ペンション村の案内標識が見えてきます。
標識の案内の通りに大山ペンション村方向に右折し進むと、可愛いペンションがたくさん見えてきます。
その先の曲がり角を左折し進むと、右手に「Cafe うさぎや」が見えてきます。

「Cafe うさぎや」外観

「Cafe うさぎや」外観

駐車スペースはお店前と併設されているブルーベリー農園の前にあります。

駐車場案内

駐車場の案内看板

さぁ、入ってみましょう!

さぁ、入ってみましょう!

可愛いうさぎのオブジェがお出迎えしてくれる癒し空間

「Cafe うさぎや」の店内に入ってみると、入り口やカウンター席など至る所にうさぎのオブジェ(木製のお人形?)が飾られています。
まるでうさぎたちがお店に来るお客さんをお出迎えしているかのようです。

入り口にいるうさぎたち

ブランコに乗っているうさぎたち

助け合ううさぎ

助け合ううさぎたち

窓際のうさぎ

窓際でぼーっとしているうさぎ

お客さんを見守るうさぎ

お客さんを見守るうさぎ

写真はありませんが、お手洗いの中にもうさぎが隠れていました。
さてお店の中には一体何羽のうさぎがいるでしょう?
お子さんと一緒に数えてみるのも楽しそうですね。
たくさんのうさぎに囲まれた店内には、お座敷のテーブル席とカウンター席があります。
今回はお座敷のテーブル席に座りました。

自慢のブルーベリーちらし寿司が美味しい!身体にやさしい「うさぎやランチ」

「Cafe うさぎや」のランチメニューは以下の2種類です。

  • うさぎやランチ・・・¥1,100(税込) ※1日20食限定
  • カレー・・・¥1,100(税込)

カレーも美味しそうでしたが、せっかくなので1日20食限定の「うさぎやランチ」を注文しました。

「うさぎやランチ」¥1,100(税込)

「うさぎやランチ」¥1,100(税込)

真ん中のご飯は「ブルーベリーのちらし寿司」です。
「ブルーベリーのちらし寿司ってどんな味だろう?」と想像がつきませんでしたが、食べてみると梅しそご飯のような酸味にほんのり甘みが加わった美味しいちらし寿司。
併設されているブルーベリー農園で採れた自家製のブルーベリーから作った「ブルーベリー酢」を使用しているそうで、「Cafe うさぎや」でしか食べられない一品です。
ぜひ皆さんも味わってみてくださいね。

ちらし寿司の周りにはチキン南蛮やアジの南蛮漬け、天ぷら、またその日採れた野菜や山菜を使用したおかずも並んでいます。

セットのサラダには「ずいき」と呼ばれる里芋の茎部分(普通は硬くて食べられない部分とのこと)が入っています。
サクサクしていて美味しかったです。
大山の自然豊かな環境で育った野菜がたくさん頂ける、身体にやさしい美味しいランチです。

ぷつぷつと穴が空いているのが「ずいき」

ぷつぷつと穴が空いているのが「ずいき」

お漬物

お漬物

ユミ

165,606 views

「TOTTORI PRESS」編集長。「鳥取の魅力を全国へ発信したい」という想いで自分が出会ったお店やものごとを伝えていきます。なかなか言葉だけで伝えるのは...

プロフィール

SUBARU

31,007 views

鳥取県在住 / writer & photographer / トットリプレスでは県内の魅力的なスポットなどを中心にお届けします。

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA