「蔵カフェ 宗像」鳥取・米子市の昭和13年築の蔵を改装した”蔵カフェ”

グルメ・カフェ

こんにちは。トットリプレスライターのYukiです。
今回は鳥取県米子市宗像の米子南ICから車で2分、2020年4月オープンの昭和13年築の蔵を改装した「蔵カフェ 宗像」に行ってきました。
この記事では、「蔵カフェ 宗像」のお店の様子や注文したお料理の感想、店舗情報などをご紹介します。

「蔵カフェ 宗像」の場所

「蔵カフェ 宗像」の場所は、鳥取県米子市宗像264です。

山陰近畿自動車道の米子南ICを降りて、国道181号線を左に進みます。
一つ目の信号を少し過ぎたところに「蔵カフェ 宗像」があります。

国道と川を挟んだ向かい側には宗形神社が見えます。

駐車場はお店の前にあり、4台程度駐車することができます。
駐車場の前に信号機があり入り口が狭いので、注意が必要です。

「蔵カフェ 宗像」外観

「蔵カフェ 宗像」外観

「蔵カフェ 宗像」外観

「蔵カフェ 宗像」外観

玄関を入るとかわいい犬のぬいぐるみがお出迎えしてくれます。
右に進むと蔵の入り口があります。

かわいい犬がお出迎え

かわいい犬がお出迎え

入って右手に行くと蔵があります

玄関から右手に行くと蔵があります

 

蔵を改装した店内に暖かな照明が癒される店内

「蔵カフェ 宗像」は築80年以上の蔵を改装したおしゃれな店内です。
蔵の雰囲気がしっかりと残っていて、味がありますね。

4人座れるテーブル席とカウンター席もあります。

店内カウンター

店内カウンター

店内テーブル席

店内テーブル席

暖かな照明が店内を照らし、壁には絵がずらりと並んでいます。

壁には絵が飾ってあります

壁には絵が飾ってあります

テーブル席は4席ありますが、混み合うことがありますので電話予約してから行くとスムーズです。

夏野菜たっぷりのパスタや貝の風味が染みたリゾットのランチ

ランチメニューはすべてサラダ・コーヒー付きで¥800(税込)。
メニューは毎日少しずつ変わるようなので、いろんな味が楽しめそうです。

ランチメニュー(※取材時)¥800

ランチメニュー(※取材日)¥800

本日の夏野菜パスタ

本日の夏野菜パスタ

本日の夏野菜パスタにはトマト・なす・ピーマン・パプリカがごろごろと入ってました。
野菜には味がたっぷり染みていて、夏にぴったりのパスタです。

ムール貝とアサリのリゾット

ムール貝とアサリのリゾット

ムール貝とアサリのリゾットは貝の風味がしっかりと味わえるので、海鮮好きな方にはぜひオススメしたい一品です。

クレームブリュレとオレンジケーキ

ランチだけでも大満足でしたが、気さくなお店の方におすすめしてもらい食後のコーヒーと一緒にデザートもいただきました。
デザートはランチに+¥300でつけられます。

クレームブリュレ

クレームブリュレ

オレンジケーキ

オレンジケーキ

濃厚なクレームブリュレとしっとりとしたオレンジケーキ、どちらもコーヒーとの相性ばっちりで大満足。

ランチのほかにもケーキセットもあるので、小腹が空いた際にもぴったりです。

おわりに

今回は鳥取県米子市宗像の米子南ICから車で2分、昭和13年築の蔵を改装した”蔵カフェ”「蔵カフェ 宗像」をご紹介しました。

私は平日の13時に予約して行きましたが、テーブル席はいっぱいでした。
予約といっても席予約ではなく、優先案内のようですので事前に電話しておくのがオススメです。

「蔵カフェ 宗像」の店舗情報

所在地 鳥取県米子市宗像264
営業時間 11:30~18:00
定休日 日曜日・祝日
電話番号 0859-26-2818


※本記事の情報は2020年8月23日時点のものです。最新の情報は直接店舗様にお問い合わせください。

yuki

20,178 views

学生時代を米子で過ごし、1度は県外へ出ましたが、結婚を機に鳥取へと戻ってきました。鳥取の可愛い美味しいオシャレを探すことが趣味です。 TOTTORI PRE...

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA